どれだけバックラッシュを詰めるかを 秒角 単位で調整できるようになっています。

設定方法
PCとAZGTiを接続し、PC側はTeraTermなどのターミナルアプリにて9600bpsに接続します。
以下のコマンド群で設定します。コマンドはCR(「\r」、「0x0D」)区切りです。

コマンド入力例      レスポンス例
@SHOW現在の設定値を表示@SHOW55(arcsec)=x20*166(msec)
@SETバックラッシュの値を「秒角」単位でセットする。実際のバックラッシュより若干小さめにすることを推奨。デフォルト値は50秒角。@SET 60OK
60(arcsec)= x20 * 199(msec)
@SAVE設定を保存する@SAVEOK
@MOVE動作確認用の動作をする(3回づつ、バックラッシュ補正量だけ正転、逆転を繰り返す)@MOVEOK
@STOP動作確認用の動作を停止する@STOPOK

・全ての設定は、電源を切るまでの一時的な変更であり、設定を確定するには @SAVE コマンドを実行する必要があります。
・実際に望遠鏡を覗きながら @MOVEで実際に動作させ、@SETで値を調整することで、リアルタイムに設定変更ができるので、ぎりぎりの設定をすることができます。